かめのえんそく




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
地震 :: 2011/03/11(Fri)

職場では、お子達の昼寝の時間。
その時、私は地べたに座った状態で書き物をしてたけど
一緒にいたK先生に「アレ?もしかしてなんか揺れてます?」と言われるまで、
その揺れには気づかなかった。

「あ、ホンマや!戸がガタガタ言ってるから、私、誰かノックしてるのかと思いました」
「まだ揺れてますよね?最初は眩暈か何かで自分だけ揺れてるのかと思ったんですけど…」
「意外と長いですね~」

後から思えば、揺れ自体は全然たいした事なかったけど、
乗り物酔いでもしてるみたいな、ゆっくり気持ち悪い感じの揺れ方だった。
所謂、長周期地震動というやつだったんでしょうね。
関西でも、大阪市内とかの大きなビルでは、かなり揺れた所もあったようです。

その時は特に何も思わず、仕事帰りに同僚のまゆから
「東京の弟からメールきてたけど、あの昼間の地震、東京では震度5やってんて」
という情報が入り、私はてっきり東京が震源の少し大きめの地震だと思い込んでいたのだった。

家に帰り、母の「東北が大変なことになってるで!」という言葉とテレビに映し出される映像にビックリ。

あっという間に押し寄せ街を飲み込む津波。
真っ黒な水面に浮く、車や家の瓦礫の山。

阪神大震災の、あの炎に包まれた街を映像を見た時は、まるで戦争の跡みたいだと思ったけど、
今回の映像は、SFXを駆使した映画のようだと思った。

怖い。
でも、自分の周りはあまりにもいつも通りの日常が広がっていて、まるで現実感がない。

どうしよう、私も何かしなきゃと思うけど、何をどうすれば良いのかわからない。
ただ、祈ることしかできない。

スポンサーサイト
  1. 日々のつぶやき
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。