かめのえんそく




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
111224 ミュージックソンTHE MOVIE クリスマスプレミア上映会 :: 2011/12/25(Sun)

ミュージックソン THE MOVIEのプレミア上映会、所謂、試写会に行って来ました。



チケットは取れたものの、今月は「田中が考え中」で既に上京済みだった為、
行くかどうか、かなり迷っていたのですが、
(何より家族の反応が芳しくなかったのもので;)
それでもやっぱり2人揃ったオードリーを見られる機会は貴重だし
地元関西で映画の上映予定がないというのも後押しして、
午後11時過ぎ東京着、翌日の午前11時過ぎには東京発という
かなりタイトなスケジュールで強行突破して参りました。

会場は「ららぽーと豊洲」内にある「ユナイテッドシネマ」という映画館でしたが、
天然の方向音痴に加え、夜中で建物がまるで見えず、お約束通り、駅から迷いまくり。
一旦、スタート地点の駅に戻り、駅前の派出所で「すみません、ららぽーとって何処ですか?」
と聞いていた2人組の後をひっそりつけて(笑)何とか目的地に辿り着きました。
ららぽーとに入ったら、建物内もガッツリ節電仕様で薄暗く、
ホンマにここで上映あるんですか!?という感じでしたが、
映画館のある3階まで上がったら、
そこは煌々と灯りが付いていたのでホッと一安心しました(笑)

会場はキャパ400人ほどの、多分、この映画館の中では1番大きい劇場。
私の席はE列(5列目)のセンターブロック左寄りで、
段差もあるし、前が通路だった事もあり、なかなか見やすい良席でした。

上映前はBGMにクリスマスソング。
BGMがフェードアウトした後、出囃子的な音楽が鳴って
「どーもー!」と小走りでMCのどきどきキャンプが登場。
その佐藤氏の第一声がかなりハウっていたので、少々ビビったw
「司会のどきどきキャンプです。よろしくお願いします」と軽く自己紹介した後、
「それでは本日の主役、オードリーの登場です」
即行、オードリーも登場。
舞台上にはスタンドマイクが1本だけ。
若林はどきキャンと同じように走りながら、春日は例によって、ごゆっくり。
で、アレ?今日はミュージックソンなのに春日がカスミン仕様じゃなくて、
ピンクベストやん…と思ったら。

若「折角、遠くから来てくれてる人もいるんで、漫才を見て頂きたいと思います」

生漫才来たー!
無理して来た甲斐があったー!!(じゅんこ心の叫び)

ネタは前日の検索ちゃんでやった新ネタ「若林が父親と飲みに行く話」

若林の「漫才を頑張ってやっていきたいと思いますけどね」に続く春日の第一声は

「皆さん、笑いを届けるサンタクロース、春日ですよ」

更に話を進めようとする若林を遮って「メリークリスマス!」

若「ちょっとタイミングが悪かったですけどね」
そう言いつつ、若林もテンションを上げる訳でもなく、
ごく普通の口調で「メリークリスマス」言うてました(笑)

最近、インタビューで尊敬する人は誰ですか?
とよく聞かれる…という漫才の導入に
春「おい。お前、まさか昨日、検索ちゃんでやった漫才をやるつもりなのか?」
若「そんな新ネタばかり作れないんだから仕方ないだろ。
  今更デートネタやる訳にもいかないだろ」
春「朝、5時にしろよっ!」
若「やるんじゃないよ」(ぺしっ)

基本、漫才の流れは検索ちゃん参照という事で、
覚えているアドリブ部分のみ書いておくと、

・若林の父がサイバーテロで春日のブログを狙っているという話。
若「どうでもいいよ、あんなブログ。年に1回しか更新しないんだから」
春「皆さん、そろそろ更新ですよー!」

・さっきからオマエうるさいから、ちょっと黙っておいてくれよという若林に
春「だったら、喉を焼きゴテで焼いてくれよ!」

同じような流れで「だったら喉を握りつぶしてくれよ」もあったけど、
若林的には「おい、さっきの焼きゴテの方が良かったぞ」

・若林にビンタされて反対の頬も差し出す春日に
若「お前、キリスト教徒か」の後、更に頬を差し出してペチペチ。
若「お前、餅か!」(お餅つき?)
春「大根おろしで食べてね!」
若林が大根おろしに大ウケ。
若「今のはいいね。今度、やる時に大根おろし入れようぜ」
春「テレビで大根おろしをお目にかける日が来るかもしれません!」
若「恐らく、笑点でしょう」
これ、収録の予定入ってるのかなぁ。ただの流れで言っただけなのかな?

・酔っ払った若林の父を春日が再現のシーン。
「俺は海賊王になるんだー!」のワンピースの後、
いきなり♪フフフフフ~ うえーかーら~マリーコ~
濁声で歌いながらドスドス踊る春日(笑)
結構長いことやってたけど♪フフフフフ~ンばかり続くのは
CMで流れている所しかわからないかららしいw
若「やっぱり、昨日、検索ちゃんでやらなかった部分がウケてるね~」

・「じゃあ、おれがやるから」と今度は若林が酔っている若林父を再現
これも結構ひどくて(笑)春日が突っ込み!
逆襲されて「キャー!」
若「引いてんじゃねぇよ!おれの親父、こんなんなんだよ」

・漫才の締めで笑い合うシーン
春「おいおい、アレが出るぞ。2人で笑い合うヤツ。私達へのクリスマスプレゼントかしら!?」
何気にクリスマスバージョンでした(笑)


■漫才後のトーク
昼にミュージックソンの電話を受けた若林。
今日のこの上映会に来るという岩手の女性と話をしたそうで
春「え?どいつ?何処にいるヤツ?アイツ?あの女か~」の失礼弄り。
「この映画でおれの裏表の激しい部分がバレちゃうかもかもしれません」と言ったところ
「それ知ってますから」
春「強い女性だねぇ」
ていうかANNのリスナーなら、みんな知ってるだろw
春日は、映画でどきキャンが春日の家の持ち物を勝手にオークションしてたのを見て、怒りが再燃したらしい。

若「ほら、見てくださいよ、このポスター『僕たちにできるのは、笑ってもらうこと』
  これでめちゃくちゃハードル上がっちゃってるんですよ」
岸「これ若林が言ったの?」
若「ぼくはそんなこと言ってないですよ(笑)」
春「あ、それ私が言った。不器用だから笑ってもらうことぐらいしかできないとか何とか」

この後、ミュージックソンの生放送と中継するという事で拍手の練習。
この中で1番まとも(?)な佐藤さんが前説で仕切る人に。
サトミツが拍手の合図を出す時に「もっとケツを突き出した方が良い」
「ケツを叩きながら合図を出せ」と茶々を入れたり
「そんなの、全然ダメだ!」と春日がいきなりサトミツのお尻をガシったり(笑)
「イタイ!イタイ!」となってるサトミツに若林が巻き込まれて倒れたり、
ふざけてわちゃわちゃ。

気を取り直して、改めて拍手の練習。
佐「もっと声も出して。そういや今日、キャーって言ってないね」
若「本当だ」
佐「日比谷公園で春日体操した時は、もっとキャーってなってたよね」
若「去年まではあったのにな」

お前がミーハーファンを嫌がるから、ファンが大人になったんだよ!(笑)
という訳で歓声込みで拍手の練習。
春日が「キャー!!春日さん、ステキー!!」と1番黄色い声で頑張ってた(笑)
みんな練習の時はイマイチだったけど本番は頑張りましたよ!
めっちゃヤラセっぽかったけど!(笑)
岸君が「みんな練習は手を抜くなんて芸歴10年ぐらいの芸人みたい」とか言ってましたw

中継2分前に、ニッポン放送の音が映画館に届き、
丁度、ゆずの「ストーリー」って曲の間奏部分で、
「あ、これは岩沢君のハープの音!」とその瞬間はゆずっこテンションが上がった(笑)

若「頼みますよ。
  盛り上がって、来年もオードリー安泰だなってニッポン放送にアピールしてください」
佐「みんなの歓声次第なんで(笑)」
若「あと、放送禁止用語だけはやめてください」
岸「おっぱいは大丈夫?」
若「チャリティーなんだから、おっぱいはダメです」
岸「全員で一斉に言ったら大丈夫なんじゃない?」
若「全員で一丸となって、何言ってんだって話ですよ(笑)」
春「タマ○ンは?」
若「タ○キンもダメ」
お前ら、中学生か!(笑)
若「ゆずさんですから、アヤパンもやめてください(笑)」
悠仁、気を遣われてるぞー!(笑)

本番中は、放送されてたので割愛。
中継後、若林の「ブラジャーが飛び交ってる」「全員Bカップ」発言に
「おっぱいダメって言ってたのに、若林君が1番近い事言ってたからね!」
と責められてました。

この後、まずはオードリー&どきキャンの4人で写真撮影。
撮影準備の時に春日が「ぽいっ」って言いながら台本を投げ捨ててたのが可愛かった。
春日の擬音、好きだなぁ。
写真撮影のことも「パシャリがあるか」みたいな春日語で言ってました(笑)

続いてオードリー2人で写真撮影。
深夜テンションなのか、春日よりも若林の方が顔を作って、おふざけポーズ。
あの虎の被り物もまともに被れなかった子が…とオバちゃん、胸が熱くなりました(嘘です)

若「ビトさんを野放しにできないので急いでスタジオに行かないと!」
と、ここでオードリーとはお別れ。
本当に急ぎ足で駆け抜けていった若林に対して、
「はっはっはっはっはー!」と高笑いしながら、ゆっくり退場の春日。

どきキャンに「春日さん。もう、そういうの良いから!」「全然、ウケてないよ!」と突っ込まれてたけど
姿が消えても、かすかに聞こえる「はっはっはー!」の笑い声に客席爆笑。

岸「なんか魔王みたいだったな」
佐「姿が見えなくなってからウケてたね(笑)」

どきキャンは後ろのカップルシートに移動して、一緒に上映会に参加。
岸君が「カップルシートなんて、俺たちだけじゃん。ヤダよ!」とごねてたけど
サトミツ曰く「コンビ組んで10年以上経ったら、カップルも同然だろ!」
…いつか、ドリーちゃんも仲良く並んでカップルシートに座るといいよ(笑)

映画については詳細なネタバレは控えておきますが、
放送には載ってない、2人の移動のシーンがあったり、
ラジオでは見えない、喋っている時の表情が見られたのは、すごく良かったです。
某歌を聴いている時の2人の表情に思わず、うるっとしそうになっちゃいましたよ!
本当に笑いあり、感動あり、心がほっこりするような映画に仕上がっていたと思うので、
これから観る予定の方は乞う、ご期待!
ナレーションのサンドウィッチマンも良い味出してたし、
エンディングに流れるイメージソングのゆずの「翔」も良い感じにハマってました。

上映後にも、少しだけANNとの中継があり、
その前に映画の感想を言う人の軽いリハがあったけど、
その時、サトミッちゃんが私の半径1メートルぐらいの所にずっと立ってて、
別にときめきはなかったけど(笑)まじまじ見つめておきましたw

ANNも終わり、15分ほど休憩があって、どきどきキャンプのスペシャルライブ。
とはいえ、どきキャンさん、特にネタを用意してきた訳ではなく、
お客さんのリクエストに答えて、どんなネタでもやります!みたいな、緩~いノリ。
どきキャン、生のネタも2~3回ぐらい見た事あるけど、正直、あんまり覚えてないw(こら)
岸君が「GET WILD」を歌って、サトミツが「これで第○回卒業式を終わります」
実はGET WILDが校歌だったネタと、
顔は不細工だけど心はイケメン!?の岸君の臭いセリフベスト3。
あと「お笑いジャッジポイント」でやってた風呂上がりマンのネタの触りとか。
振られたら何でもするつもりだったけど、意外と思い出せない!
と2人(特に岸君)が焦ってたのが面白かった(そこか)

始発が動く5時までは劇場で過ごせるようにとの配慮で、ライブの後は
「オードリーのオールナイトニッポンDVD」の上映会。
「このDVD、持ってる人?」の質問に大半の人が手を挙げる。
そりゃそうだろ。
こんな時間の上映会にやって来るようなドリオタばっかりだよ、この集団はw

まぁでも、この映画館の大画面でDVDを見られたっていうのも、なかなか貴重な体験だったかも。
私の場合、1回見たきりだったので、
意外と忘れてるところもあって(笑)普通に楽しめました。

これで無事、始発の出る5時過ぎになり長かったこのイベントもお開き。
ちなみに、どきキャンもタクシーは呼んでもらえず
「みんなで一緒に地下鉄で帰ろう!」とのこと。
ケイダッシュ、吉本に負けないケチケチっぷりですなw

そういや子どもの頃、地元のイベントに来た池乃めだかが、
普通に電車に乗って、歩いて会場入りしたのを目撃されていた事を思い出しました(笑)


  1. オードリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<どーもー! | top | 只今>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzubaka.blog88.fc2.com/tb.php/1211-c2a3b340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。