かめのえんそく




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
120418 田中が考え中~第1幕~ :: 2012/04/22(Sun)

田中が考え中~第1幕~ 2日目の方に行って来ました。
こちらが毎度お馴染み(笑)お笑いナタリーの記事↓
http://natalie.mu/owarai/news/68081?

そしてこちらが前回(第0幕)の日記↓
http://yuzubaka.blog88.fc2.com/blog-entry-1204.html

大まかなストーリーについてはナタリーさんの記事と前回の日記参照という事で、
第0幕との相違点や私の感想のようなものを少しだけ。







大きく変わった点は、春日の役柄が警官から教師になっていた所と
キャストがロッチ中岡→鬼が島野田、仲間リサ→篠崎愛に変わっていた所。

春日については、職業こそ違えど「日々エロ動画を漁っている性欲に勝てない公務員」という基本設定は同じ(笑)
金八先生やスクールウォーズに憧れる熱血カラ回り教師ということで、

春「同じ人間なのに(童貞ということで)こんなに差が付いて悔しくないのか!?」
その他童貞「悔しいです!!」
春「よし!俺が今から全員を殴る!!」

と唐突にスクールウォーズごっこが始まり、みんなで舞台上を逃げ惑う、みたいなシーンが面白かったです。
ナタリーさんの写真を見ればわかりますが、髪形は真ん中分けで、ダボッとした感じのスーツ姿でした。

ドランクドラゴン鈴木さんと師弟関係の漁師役 野田さんは、
実生活でも鈴木さんと同じ事務所の先輩後輩同士で仲も良いらしく、
芝居にもメンバーにも違和感なく溶け込んでいました。
…が滑舌がイマイチで、ちょっと台詞が聞き取り辛い部分もあったかな。

ヒロイン役の篠崎愛さん、本業はグラビアアイドルなんですかね。
ものっすごい巨乳&ロリ顔(笑)の可愛らしい娘さんです。
男子じゃなくても、あの乳は思わずガン見してしまいますよw
前回のヒロイン仲間さんだった時には「ハーフ顔の女性はエロい」だった春日の台詞が
「豊満な女性はエロい」に変わってました。

このヒロインが「実は結婚詐欺師だった」というのも前回とは変わった点ですね。
その事でストーリー的に前回よりもわかりやすく、自然な流れになったかな、と思いますし、
彼女が詐欺師であるとわかった上で、それでも「俺らが彼女を好きになった気持ちに変わりはない」と
島を去って行く彼女の乗った船に向かって
「騙されたけど、それでも貴方が好きだー!」
「こんな気持ちをくれて、ありがとう!!」
と1人ずつが告白する場面は、ベタっちゃベタだし、リアルなら絶対あり得ないよね~って感じですが、
何だかジーンとする、とても良いシーンでした。



■フリートーク
篠崎さんに対して「俺達に色々言っておきながら、たなちゃんが一番緊張してない?」
田「…あんまり見れないんですよ。
   みんなには厳しく言っても、篠崎さんには、そんなに言えないんです」
鈴「俺にはアドリブ絶対禁止だって言っておいて!」
田「アドリブ禁止って言ってたのに、今日はお尻の穴がどうこうって…」

そういや最後、鈴木さんと野田さんが和解する場面で
「野田、お前が女だったら結婚したのに!お尻の穴が…」
みたいなクダリがありましたw

篠崎さんは芝居も上手かったから、特に訂正する箇所もなかった、との事ですが、
やっぱり、かわいこちゃんには田中さんも甘かったようです(笑)
芸人と違って、ふざけ半分のアドリブとかもなかったんでしょうけど。

田「大体ね、鈴木さんと春日とヒロシさんは、芝居中とは言え篠崎さんの胸を見すぎなんですよ!」
鈴「だって、ああでもしないと見れないでしょう!」
高「ヒロシさんは汚いんですよ。
  リハーサルで散々見ておいて「あれぐらい見たらマズイですかね?」って
  「いや」って言えないような空気を作りだすんですよ」
ヒ「あれ、ダメでした?」
とヒロシは役者の空気を出して胸をガン見する作戦だったようです。
ヒロシさん、ホントに演技上手いんですよね。

田「なんか楽屋でみんなで篠崎さんにサイン貰ってて」
高「野田なんか『祐くんへ』でお願いしますって言ってたからね」
野「下の名前でね(笑)」
おじさん達みんなで愛ちゃんに夢中で、みんなでわちゃわちゃしてましたw

田「春日の新ギャグ『アバー』も出ましたね」
春「アパーです」
田「アパーなの?」
春「アバーじゃないですよ」
田「で、その後の『アピー』は何?」
鈴「アピーは篠崎さんの昔のあだ名なんだよね?」
篠「正式には『アッピー』です」
鈴「それを春日がぶっ込んできたの」
春「いいでしょ、別に。写真集に書いてあったんだから」
高「写真集、パラパラ見るだけじゃなくて、一語一句、細かく読んでるんだね(笑)」

春日はANNの「愛ちゃん好き」発言後、スタッフさんに写真集を貰ったらしいです(笑)
(これはワタナベ+の配信の時に言ってました)



■ちょこっと感想
芝居としてのまとまりは前回よりも良かったけど、訳のわからぬ勢いのようなものは第0幕の方が上だったかな。
再演という事で、私の中では若干、鮮度が落ちてたせいもあるかもしれません。
第2幕、第3幕と続けていきたいそうですが、次回は新作を見てみたいです。
新たに脚本を書いたり、演者のスケジュールを合わせて稽古するのも大変だとは思いますが、
それぞれのキャラを活かしたコントよりのお芝居、すごく良いと思います。
たなちゃんのロングコント、私は潜在の「お菓子の家」から大好きなんですよね。
また、ああいう企画がテレビでも見られたら良いのにな。

アンケートで、今後「田中が考え中」に出て欲しい芸人、役者を3名書いて下さいという欄があって
オドオタ的には若林を推したいところですが、余りにもあからさまかしら…という事で
サンドウィッチマン富澤さん(潜在異色での存在感が好きでした)
我が家矢田部さん(なんとなく、あの雰囲気に馴染みそう)
磁石佐々木さん(ジャッジポイントのミートボールが忘れられないw)
の名前を挙げておきました。

正直、誰が目当てですか?の項目には、正直に「春日さん」と書いておきましたよ。
そのお目当ての春日さん、台詞が飛ぶことも噛むこともなく、
気持ち悪いキャラ(褒め言葉)が遺憾なく発揮されていて大変良かったです。
ジャッジポイントでは酷評されていた「ズドドドドドー!」「バリバリバリ!!」
みたいな擬音満載の春日のネタ、私的には結構ツボなんですよね~w
芝居の中にも、しっかり取り入れられてて
たなちゃんプロデュースの春日、美味しくして貰ってるなぁ。
若林プロデュースの春日のコントも、ちょっと見てみたい気がします。
漫才とは、また違った味付けができて面白そうなんですけどね。


  1. オードリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<120520 おどおどオードリーDVD発売記念ハイタッチ会 | top | 『やろうと思っていた』と『やる』の間には実は大きな川が流れている>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzubaka.blog88.fc2.com/tb.php/1219-3e703554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。