かめのえんそく




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
121102 YUZU LIVE CIRCUIT2012 YUZU YOU~二人で、どこへでも~@なら100年会館 :: 2012/11/04(Sun)

ゆず史上初!の奈良でのライブに行って参りました。
以下、ネタバレのライブレポのようなものです。





私、中学時代の3年間、奈良の学校に通っていたのですが、
卒業後は、そうそう奈良へ行く機会もなく
(社会人になって間もなく1度だけ中学時代の友達に会いに行ったぐらい)
約15年ぶりの奈良でした。

今回は一般発売で奇跡の立見席ゲット!だったのですが、
チケットには「立見」と書かれているだけで整理番号もなにもない…
これっていつから並べばいいの?と当日の朝、会場に問い合わせの電話をしてみた所、
「特に時間が決まっている訳ではなく、人が集まってきたら適当に先着順に並んで頂く感じです」
…緩い、緩いよ、奈良!
しかし、これは奈良に限らず何処の会場でもこんな感じだったんでしょうか?

ライブの相方ななさんとは15時にJR奈良駅で待ち合わせ。
私は20分程前に着いたので、一足先に会場の視察。
立見の人、サスガにまだそんな並んでないよね?
と思ったら、既に長蛇の列!
え~っ、みんなそんなに気合入ってんの!?
と近づいて見てみたら、それは物販の列でした。
で、立見は何処に並ぶのん?と近くにいたスタッフの兄ちゃんを捕まえて聞いてみたら
「物販の列の横に立見の列もあります」

あ、ホンマや(注意力散漫でよく見てなかった)
そこには既に12人の人が並んでいましたが、
「なるほど…でも、まだいいわ!だって寒いしね!」
と力強く宣言したら、スタッフの兄ちゃんに苦笑されましたw

グルメ班長ななさんと2人、事前にリサーチしていたケーキ屋さんでお茶して、
ついでに、ならまち周辺を散策して、再び会場に帰ってきたのが開場45分前の17時。
でも立見の列、意外とそんなに並んでない?
と思ったけど、私達の後もそれほど増えず、立見の数自体が100人ぐらいだったのかな?
ちゃんと数えた訳じゃないけど、多くても150人もいなさそうな感じでした。
その枚数で、よく一般でチケット取れたなぁ…と改めて自分の幸運に感謝。
ありがとう、ロッピー様!

そこから開場まで屋外で待つ訳ですが、すっかり日も落ちてホントにさっむい!
15時から待ってなくて正解だったよ。
オバちゃん、1時間で既に限界だったよ…
立見席が2階席の後方になる為、指定のお客さんがある程度入ってからの案内だったので
結局、自分達の立見スペースまで案内されたのは開演15分前でした。
とにかく寒かった…!

会場のSEは普通にゆず。
15周年記念ライブなので、過去作品を振り返る感じかな。
頻尿には必須のライブ直前トイレも済ませ、今度は自分の席…はないけど立ち位置を確保。
一応、手すりの後ろに雛壇的な場所は設けてあったけど、一列目は既に埋まっており、
一列目の人の、人と人の間からステージを垣間見る感じ。
正直、あんまり見えないけど、この場にいられるだけラッキーだと思おう…
と思ってたんですが、いざライブが始まって指定席の人が立ったら、
あんまりどころか、ほとんど見え~ん;
指定席の最後列と立見スペースの段差がほとんどなかったのが敗因でした。
やっぱり、ちゃんと早めに並んでおけば良かったかなぁ。
でも、1時間待ちでも結構キツかったしな~;

■セットリスト(いつものように他所様から拾わせて頂いております)
01.嗚呼、青春の日々
02.贈る詩
03.シシカバブー
04.ところで
05.四時五分
06.いこう
07.ルルル
08.翔
09.栄光の架橋
10.メドレー
 岡村ムラムラブギウギ
 モンテ
 地下街
 赤いキリン
 境界線
 桜木町
 みらい
 岡村ムラムラブギウギ
11.またあえる日まで
12.月曜日の週末
13.LOVE&PEACH
14.夏色
15.Hey和
――――――――
16.いつか
17.少年
18.虹
19.シュビドゥバー
――――――――
20.雨と泪


毎度お馴染み、ラジオ体操が終わり、ゆず2人がステージに登場。
握手はしてたかもしれないけど見えなかったw
挨拶等はなく、いきなりギターのイントロ。

01.嗚呼、青春の日々
北川さん、安定の♪日々よ~ リフレイン。多分8回は言ったw
そして、この季節になると、やはり安定のブーツイン(笑)


ここで「デビュー15周年を迎えました、ゆずでーす!」とご挨拶。
北「初めての会場なんで、ここで、みんなの呼び名を決めましょう」
1番上は「3階席」
2階席は「オシャレ2階席」(北川さんの目にはオシャレに映ったらしいw)
立見も席はないけど、一応、こちらのオシャレ2階席の住人です(笑)
下は普通に「1階席」

「初めての奈良に来てくれたみんなに、この歌を贈ります」

02.贈る詩
グループ別 ♪ティリティティ
まずは「奈良の人!」
初の地元の奈良県民は嬉しいやろね。
「割と近くの人」
なんだかザックリ(笑)
京都から来た私はこちらのカテゴリーで。
「遠くから来た人!」
こちらは遠征組ですね。
遠くから来た人代表?のゆず2人が寄り添って歌ってたのがチラリと見えて可愛かったです。
もう三十路半ばのオッサン2人組だけどね!

「厚ちゃん!」言わずと知れた岩沢さん。
「男子!」野太い(笑)
「女子!」ゆずも甲高い声で歌ってました♪

03.シシカバブー
カズーが良い味出してます。
ノリも良いし、すっかりライブの定番曲ですね。


初めてゆずのライブに来た人、何度も来てくれてる人、
夏色の頃から、ゆずを好きな人?みたいなアンケート調査があって

北「僕達、横浜の伊勢崎町ってとこで路上ライブをしてたんですけど、
  奈良からそのライブを見に来た事あるって方いますか?」

サスガに奈良から路上は、かなり厳しいでしょう。
手を挙げた人に「何処の人ですか?」と聞いてみた所「戸塚区」
思いっきりハマっこでした(笑)
アメ村の三角公園での路上ライブに行った事がある人は滋賀県の人だったかな。
良かった、一応、関西人(笑)

北「とは言え、路上ライブを見た事がないって人の方が沢山いらっしゃると思うんですよ。
  毎週ライブをしていると、だんだん曲順が固まってくるというか、
  すべらない曲順、テッパン曲順みたいなのができてくるんですよね。
  今日は15年ぶりに、この路上ライブを再現してみたいと思います!」

と、ここから路上時代の若ゆず再現(笑)

北「どうもー!ゆずでーす!!」

めちゃくちゃ大声ではりきってます。

北「毎週日曜、ここ伊勢崎町でやらせてもらってます!
  僕達、カセットテープを作ってきましたんで、1本100円で販売させて貰ってます!
  良かったら聴いてやって下さい!」

岩沢さんも手を挙げて、若かった厚ちゃん時代(笑)を再現。
背後には当時、路上ライブをしていた松坂屋の映像。

04.ところで
北川さん、テッパンなのにピアニカを間違えるw
でも、ピアニカ悠仁いいわ~!
大好物です。

05.四時五分
これ、ライブで聴くの久しぶりかな。
昔は飲みに行ったら、よくモスコミュール頼んでたなぁ(笑)

06.いこう
間髪入れずの「いこう」
♪いこ~ の岩沢さんの声が伸びる、伸びる!
北川さんも♪ゆっくり~~ で貯めた後、自分で「声、出るねぇ」って言ってました。

ここで、ちょっと長めのMCコーナー。
奈良に来るのは中学の修学旅行以来だという、ゆず。
前日、奈良公園に観光に行ったそうなんですが、
北「鹿!鹿、悪いな~!
  なんていうか、完全に我々を見下してますよね!」

仕方ないよ、奈良公園の鹿は春日大社の神の使い。神獣なんだからw

北「鹿せんべい的なものを~」
岩「鹿せんべいなんですけどね(笑)類似品?」
北「スタッフの人が気を利かせて、鹿せんべいを持ってきてくれたんだけど、
  ものっすごい勢いで寄ってきてさ~。しかも…」
岩「ダジャレ?(笑)」
ここで、なんかポーズを取ってたみたい?なんだけど、やっぱり見えずw

北「しかも!すごい押し付けてくるんですよー」
岩「なんか、ビシャビシャにされてさ~」(よだれ?)
北「もう、エライことになってるんですよ」
岩「キャーキャー言っちゃった」
北「女子高生みたいに(笑)キャ~!」

岩沢さんも一緒になって、2人で女子高生風にキャーキャー騒いでました(笑)

それから修学旅行の思い出。
北「そういや昨日の鹿は角がなかったけど、当時の鹿には角があって~」
ここで地元民から「鹿の角切り」情報が。
修学旅行の時は年に1度の角切り前だったのですね。

その修学旅行の全体写真を撮る時に、
立派な角の鹿が入ってきて、当時、太っていた北川少年の前に。
できあがった写真を見てみると

岩「これ、どう見ても北川さんから生えてるなって(笑)」

北川さんの大事な所(笑)から角が生えているような構図になっていたそうです。

北「それからしばらく、ロングホーンって呼ばれてましたからね!」

それで何が言いたかったかというと、あれからもう20年ぐらい経って、
世の中、色々と変わったと思うんですよ、と話題を方向転換。

北「中でも1番変わったと言えば、携帯電話。
  だって、携帯のメールで告白する中高生とかいる訳でしょう?」
岩「まぁ、いるでしょうねぇ」
北「おいおいおい、岩沢君!何を若者の代弁者みたいになってるんですか?」
岩「いやいや!そういう人もいるだろうなぁって事を普通に言っただけですよ」

北「15年も経つと、もう今の時代には、わからないだろうなって曲もあるんですが、
  次は、そんな電話の曲を行きたいと思います」

07.ルルル
間奏部分で、ゆずとのお電話コーナー。
北「いつも、携帯電話の電源を切って頂いてると思うんですが、
  携帯電話を出して電源を入れて貰っても良いですか?」

北川さんの手にも携帯電話。
この携帯の番号を今から発表するので、観客に一斉にかけて貰い、上手くいけば1人だけ繋がるという企画。
ちなみに、岐阜、山口では成功、横浜では見事に失敗しているそうですw

そして…奈良では無事に成功!
繋がったのは3階席のお客さんで奈良の地元の方でした。
地元民で良かったねー♪

北「今まで、ゆずのライブに何回ぐらい来られましたか?」
という質問に「20回ぐらい」と答えてらっしゃいましたが、
万一、自分に繋がって「そうですねぇ…もう、かれこれ100回ぐらいですかねぇ」
とか言ったら、きっとドン引きされていた事でしょうw

岩沢さんにタッチ交代で、彼が普通に「岩沢です」と電話に出ただけで、
「キャ~!!!」と右翼達の黄色い悲鳴が(笑)

岩「だからと言って特に話すようなことも別にないんですけどね(笑)」

…おいおい。
そういう人だって事はわかってるけど、折角、電話に繋がったファンなんだから、
もうちょい愛想良くしてあげなよ(笑)

繋がった方にはサイン入りグッズTシャツのプレゼント。
そして「実は、電話はこれだけなんですけど、Tシャツはもう1枚用意してきたんで」
という事でプレゼント抽選会。
席番号での抽選なので、立見の私達は抽選する以前に参加資格なし;
く~っ!せめて立見にも整理番号が付いていたら…!

こちらに当たったのも再び3階席で「Rゾーン補助ヌ列」の方。
その語感が気に入ったのか2人でやたら「補助ヌ列」を連呼してました。
なら100年会館、席順が数字やアルファベットではなくイロハニホヘトになってるんですねw

曲が終わり、
「コンサートは続きます。誠に勝手ながら、携帯の電源をお切り下さい」の映像とアナウンス。

ここで、私が背伸びしながら右往左往しているのが、あまりにも哀れだったのか、
会場係のお姉さんが「サイドの方、手すりの所までなら行って頂いても良いですよ」
と小声で声をかけて下さったので、場所を移動。
角度があったり、指定席の手すりがあったりで、やっぱり見えにくい部分はあるんだけど、
先程までより、随分、見やすくなりました。
ゆずが2人揃って視界に入るのって、やっぱり良いですねぇ…(しみじみ)

08.翔
ライブ初聴き。弾き語りがしっくり来ます。
前回のドーム公演の時に聴けなかったのが、すごく残念だったので嬉しかったです。
オードリーのミュージックソンTHE MOVIE のテーマソングだった事もあり、
個人的に思い入れもある曲です。
ゴメンね、ゆずを聴きながら、
1年前のクリスマスイブの深夜にオードリーの映画の試写会に行った事とか思い出しちゃってw
ま、あの試写会の時にはラジオでゆずとも中継繋がってたしね(笑)

09.栄光の架橋
これ、絶対、客席に歌わせるよねー。
女子には明らかにキーが低いんですけどw


北「僕達は横浜からやって参りました。ちなみに横浜に行った事ある人?」
さすが、ゆずっこ集団だけあって、大半の人が横浜経験済みの模様(笑)
北「奈良から横浜に行こうと思ったら、大阪まで出て新幹線に乗ったりするんでしょう?」
これには「京都~!!」と奈良県民の訂正が入ってました。

北「今日は、みんなに横浜の歌を紹介したいと思いまして、こんなものを用意してきました。
  題して、ようこそ横浜メドレー!」


10.ようこそ横浜メドレー
 岡村ムラムラブギウギ
 モンテ
 地下街
 赤いキリン
 境界線
 桜木町
 みらい
 岡村ムラムラブギウギ

スクリーンにアニメやら写真の映像付き。
そこにステージで歌っている、2人のシルエットが映りこんでるのが、すごく良い感じ。
モンテのレゴ風のキャラクターとか懐かしい!

境界線をライブで聴くの、ホント久しぶりじゃないですかね。
赤いキリンも生で聴くのは初めてかな?
みらいとか、普段、ライブで定番じゃない曲の時は、
岩沢君が手元を見ながら、必死にギターを弾いてました。
映像に映る、夕日に照らされた「からっぽの木」
やっぱり独特の雰囲気がありますねぇ。
ドラマのロケによく使われるというのも納得。
2度目の岡村ムラムラブギウギは 
♪平成爽やかフォークデュオ~ ゆずが生まれた岡村町
みたいなオリジナル歌詞になってました。

年代アンケート調査。
北「10代以下のお子さんは?」
ここで相方ななさんが「10代以下だったら、10代も入るよね」と冷静にツッコミを入れてましたが
北川さんが言いたかったのは「10才以下」ですね。
やはり20代、30代が多かったように思いましたが、最高で80代のおばあちゃんも。
お孫さんと一緒にいらっしゃったのかな。

こんな風に幅広い年代の人に愛されて嬉しいと喜んでいましたが、
それなら年輩の方向けに、バラードで、しっとり座って聴くコーナーも作って欲しい…
と思う腰痛じゅんこであったw
ゆずのライブって、最初から最後まで、MCも含めて、皆さんず~っと立ちっ放しだもんね!
私は指定席の時は、ちょくちょく座ってますけども。

あと、10才以下のちびっこは、楽しんで一緒に参加できる子はいいけど、
完全に飽きてしまって、ウロウロしてる男の子も。
子育て世代のファンも多いゆずなので、事前に申込制でもいいので、
ぜひ、ライブ会場の託児施設は検討して欲しい所です。

11.またあえる日まで
♪また あえる日まで~ を年代別に。
80代のおばあちゃんの声、ちゃんと聴こえました!


北「そういえば、今日は何曜日だっけ?」というお決まりのフリから
12.月曜日の週末

この曲で北川さんが客席に降りて1階席は大パニック!
慌てて、後ろからスタッフさんが付いてってたけど、他の会場でもあったのかな?
当然の事ながら、なかなか前に進めず、
最終的には、スタッフさん2人がかりで上に乗せて貰ってお神輿状態になってました。
北川さんがなかなかステージに戻ってこないので、
メインで歌ってる岩沢さんも
♪わから~ない わから~ない~ 
♪そんな そんな そんな~ことは
リフレインしたり、間奏を長めに弾いたりして時間稼ぎw

続いて映像による小芝居。
これぞ、ゆず(笑)
出演は北川さん扮する桃太郎と、サル(本物)
そのサルの声を岩沢さんがアテレコしてるんだけど、
桃太郎を超バカにしてる雰囲気がひしひしと伝わってきました(笑)

桃太郎に鬼退治に行こうと誘われるも
「おれぇ、平和主義なんでケンカは嫌いなんすよねぇ~」

平和な世の中を守る為、みんなで楽しく歌い踊ろうという事で

13.LOVE&PEACH
ダンサー登場。ゆず君、いつものハッピ着用。
客席も勿論、みんなで踊ってます。
電飾の桃は、人力で押されて出てきましたw

北「最近、すっかり涼しくなって、季節もすっかり秋になりましたが」
これに対して、何故か客席から「えー!?」といういうブーイング?が上がっていたのですが、
私にはそれがイマイチ、よくわからなかったw
いや、だってもう秋やん(笑)
北川さん、別に間違ったこと言ってないYO!

北「でも、秋になってもやりたい曲があるんだ!」という訳で

14.夏色
2人の掛け合いは普通に「サブリーダー」「リーダー」
「もう1回!」の後は「バカヤロー!」と関西限定?の「アホか~!」の2バージョン。

15.Hey和
ゆずマン&ももちゃんが聖歌隊みたいな衣装を着て登場。
正直、着ぐるみ、いらんねんけどなぁ~。
手拍子のリードを取ってくれるのは、わかりやすいんだけど。

<アンコール>
アンコール待ちは「贈る詩」

北「みんなが歌を歌ってくれるのも恒例になっていますが、
  15年やってるうちに、いつの間にか約束事みたいなものができていて、
  次に歌う曲は初めての会場では必ず、歌う曲です。
僕たちと皆さんを繋ぐ、約束の歌、聴いて下さい」

16.いつか
初めてじゃない会場でも、ちょくちょく聴いてるような気もしますが。
これから「いつか」の似合う季節ですねぇ。

17.少年
YUZUの所で、謎のご当地振り付け(笑)
1番「せんべい ちょうだい」両手を差し出す仕草
2番「鹿のフン」ちょっと屈んで、鹿のフンを指差してるのか、つまんでるのか??
3番「鹿の角」指を広げて、両手を頭の上に。かの有名な「せんとくん」スタイルです(笑)
4番「鹿に襲われるw」両手を小刻みに震わせながら「うわぁ~!」と叫ぶ

これをアトランダムに組み合わせて「1番!」「4番!」と北川さんに操られる観客の図。
最後の締めも「鹿の角!」

北「今日は、ずっとふたりだけでやって来ました。すごいでしょ?(笑)
  ふたりで何でもやれる、そんな風に思ってた時もあったけど、そうじゃなかった。
  僕らを支えてくれるスタッフ、僕らの曲を聴きにきてくれる、みんな。
  どんなに良い曲ができても、こうして待っていてくれる人がいなければ、
  きっと寂しくて、虚しくて、ずっと歌ってこれなかったと思います。
  だから、僕たちの歌を聴いてくれて、大事にしてくれて、本当にありがとう!
  そんな愛しいみんなへ、この曲を…」

と、すごく良い事を言ってるのに、最後の締めで噛んじゃう北川さん(笑)
何とか仕切り直して「どうもありがとう!」

18.虹
この曲を2人で成立させられるのが、ゆずのすごい所だなぁと。
確かにバンドやらオーケストラが入れば、すごく重厚な音になって迫力も出るんだけど、
2人の弾き語りでも、寧ろ2人の歌声が強調されて、全然、物足りなく感じないのです。
本当にすごいなぁ。名曲だなぁ。

ここで岩沢さんハープの「蛍の光」
ダンサー&ゆずマン&ももちゃん紹介。

北「これからも15年、30年、50年、できれば100年と(笑)
  生きてる限り、ずっとゆずを続けていきますので、どうか皆さん、よろしくお願いします!」

19.シュビドゥバー
キャパ1600人ほどのこじんまりしたホールなので、
2階席の後方でもマイクなしの2人の生声がしっかり耳に届きました。
ずっとマイクなしでも全然、良いよ!みたいな(笑)

BGMに薄く「虹」が流れ、ゆず2人のメンバー紹介(笑)&ご挨拶。

岩「奈良!」
岩沢さんが喋ると、単語でも何故か黄色い声援が飛び交うよね(笑)

岩「次に来る時には、鹿にビビったりしないように、
  ちゃんとせんべいをあげられるようになりたいと思います。
  どうもありがとう!」

で、北川さんも何か挨拶したんですが、なんと!全然覚えてません(笑)
いや、だって北川さんの語りは虹の前がメインだったのよ!
(噛んだけど)
多分、テッパンの「ありがとう!」は言ってたハズw

そういや何処かで、手土産に持ってきたビールを全部、自分で飲んで帰るような舞台監督の笹さんが
今日は珍しく楽屋に揚げ物を差し入れしてくれたとか(何故に奈良で串揚げ!?)
修学旅行のトラウマを克服する為に奈良に来たとかも言ってたなぁ…
トラウマ云々は、夏色の「バカヤロー!」の時やったっけ?
(うろ覚え)

2人で手をつないで「おぉ~!」と各方向にお辞儀。
生声での「気を付け、礼、ありがとうございました!」
の挨拶も終わった後に
北「今日は最終日だから、もう1曲やろうか!」

さすがリーダー、そのサービス精神が素敵。
最終日って言っても4本だけのツアーだけど。

岩「折角、用意してきたんだから、ようこそ横浜メドレー、もう1回やっとく?(笑)」
…いやいや、それは結構です(笑)

岩沢さん、ギターを念入りにチューニング。
この光景が見られるのも美味しいですよね。
首にタオル巻いた上にハープホルダーを付け直したので、
浮いてしまって、なんだかちょっと吹きにくそうな格好でした。

20.雨と泪

歌い終わった後、もう1度、生声の「気をつけ、礼、ありがとうございましたー!」
これにてライブ終了。
たっぷり3時間のボリュームでした。

最後、北川さんが観客席に首に巻いてたタオルを丸めて投げてました。
めっちゃ振りかぶってた割にはあんまり飛ばなかったw
あと、岩沢さんはピックを投げる…真似だけしてた(笑)

衣装は2人共、ツアーTシャツに羽織モノとジーパンという感じでしたが、
北川さんのTシャツのみ襟ぐりが大きく開いてるカスタマイズ仕様。
肩口から赤いタンクトップをチラ見せしてました(アンコール時)
そんなに鎖骨を見せたいか、このオシャレ番長め!と思いました(笑)



■おまけ画像集

DSCN0100.jpg

会場のなら100年会館に併設のカフェ。
入口横の黒板をクローズアップ!

DSCN0101.jpg

絵心のあるスタッフがいるらしいw
ゆずマン、旧の方が私は好みです。

DSCN0102.jpg

狙われる、ゆずっこ(笑)

DSCN0104.jpg

開演前に行ったケーキ屋さんKARAKUのケーキ。
サービスでポットの紅茶(無料)が付いてきました。
飾りの紙の鹿マークがかわゆし。
(ゆず曰く、本当は凶暴らしいけど。笑)
ちなみに緑の方は「若草山」という名前でした。奈良ですねぇ。

DSCN0107.jpg

終演後、ロビーにあった、ゆずからのメッセージ。
開演前の方は確か「やっと、来れたよ」的な事が書いてあったと思います。
私は立見席に案内される途中、一瞬、チラ見しただけなので
あまり記憶が定かではないのですがw

次回の~みんなとどこまでも~も楽しみです。
でもでも、本音を言うと、もっと、ふたりの本数を増やして欲しかった!
私が、ゆずは断然すっぴん派っていうのもあるけど、それだけじゃなくて、
自分は立見でも参加できてラッキーだったけど、
行きたいのに行けなかった人があまりにも多すぎるもの。
「どこへでも」の割には4箇所だけだったしね…
せめてDVDは、ちゃんと出してくれよー。
FUTATABIの二の舞はヤダよー。

…と思ったけど、今、情報に気付きました(追記)
次のシングルの初回特典に横浜公演が70分付いてくるのね;
参加できない人が多いライブの方をきっちりDVD化してくれたら良いのに。
リスのバカー!
(これが締めかい)

  1. ゆずレポもどき
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<グルメ班日誌~福岡編~ | top | 日本の秋>>


comment

はじめまして。

奈良公演、私も参戦させてもらったのですが、こんなに詳しくレポしていただいて、とてもありがたかったです^^
思い出してニヤニヤしちゃいました。

小さな会場でのアットホームな感じ良かったですよね。

また寄らせてください^^

  1. 2012/11/06(Tue) 13:38:09 |
  2. URL |
  3. なごみ #-
  4. [ 編集 ]

>なごみさん
コメントありがとうございます。
小さい会場での弾き語りライブ、本当に良かったですね♪
キャパの小さい会場だと、なかなかチケットを取れないのが悩みですが;

良かったら、過去のライブレポなどもありますので、
また遊びに来てやって下さいね☆
  1. 2012/11/06(Tue) 22:10:04 |
  2. URL |
  3. じゅんこ #dJw77bqw
  4. [ 編集 ]

寒かった!
何故か12時過ぎから並んだかあさん!
同じように思った女子4人と
木枯らし吹く立ち見の列に・・・まあるくなってました。
まあおかげで前列には陣取ったものの
おしゃれ2階席の人が立ったら・・・岩女だったとゆう
お決まりの不運に・・・(笑)
鹿のくだりでは若干小ばかにされた感もありつつ・・・

おかしかったのはこれから立ち見列にご案内しますが右に行くか?左に行くか?を今!今決めてください!って言われたこと
そうか・・・右か?左か?か!とニヤっとしてしまった(*^_^*)
  1. 2012/11/17(Sat) 17:31:54 |
  2. URL |
  3. かあさん #3fIBvpkA
  4. [ 編集 ]

>かあさん
12過ぎから!?
すごい気合ですね~。まさに、ゆずっこの鑑!
鹿のクダリ、面白かったですよーww

右か左か、私達は別にどちらでも良かったので、
なんとなく流れに乗って右側の方に行きました。
かあさんはどっちだったのかな??
  1. 2012/11/26(Mon) 23:38:45 |
  2. URL |
  3. じゅんこ #dJw77bqw
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzubaka.blog88.fc2.com/tb.php/1244-e5cdb699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。