かめのえんそく




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
信は力なり :: 2008/01/07(Mon)

伏工、1トライ差で敗れたり。
昼休憩の時間にS先生のワンセグでちょこっとだけ試合を見せて貰った時には
前半終了12-0で負けてたんだけど、ちゃんとその先、頑張ったんやね!
どうもお疲れ様でしたm(__)m

それより何よりショックだったのは、DVDデッキのコンセントが抜けていて
今日の決勝、録画できてなかったことですよ;;
折角、予約してたのにさぁ…

でも今回はちゃんとYahoo!のトピックスに取り上げられてましたw(良かった~・笑)


「スクールウオーズ」の伏見工、あと一歩届かず 全国高校ラグビー

 5点が重い。後半ロスタイムに突入後も、伏見工は組織による連続攻撃を仕掛けたが、ゴールラインは遠かった。トライは後半5分に主将のFB井口剛が個人技で中央を切り裂いた1つだけ。高崎監督が「個人に組織で挑む」と表現した試合で、最後まで組織での得点を奪えなかった。

 前半からラインアウトのミスが多かった。後半20分すぎにはゴールラインを越えたが、ボールを着面できずに得点に至らなかった。わずかなほころびが、1トライ(5点)差の惜敗となった。高崎監督は「アタックで詰め切れなかった」と唇をかみ、選手たちはグラウンドに泣き崩れた。

 1981年に伏見工を初の全国制覇に導いた山口総監督はスタンドで観戦。テレビドラマ「スクールウオーズ」の主人公のモデルにもなった“泣き虫先生”こと山口総監督は「グッド・ルーザー(最高の敗者)の称号を与えてやりたい」と目に涙を浮かべ、選手たちを強く抱きしめた。


試合に負けて泣き崩れるのも青春!
「グッド・ルーザー」のくだりは読んでるだけでもウッカリ涙…
(オバちゃん、最近涙もろいったら)

過去3回、決勝で涙を飲んできた東福岡の選手達も、勿論お疲れ様でした&優勝おめでとう!

  1. 日々のつぶやき
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<♪ラクにいこうぜ~ | top | 昨日の>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzubaka.blog88.fc2.com/tb.php/482-83aa5f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。