かめのえんそく




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ROCK KIDS802「30男丸裸」その3 :: 2007/04/24(Tue)

調子に乗って続けてアップですよ~。
まだ終わってませんけど(笑)
ていうか、週始めから、こんな事で夜更かししてても良いのか私…


DJ:今日はですね、ゆずのおふたり北川悠仁さん、そして岩沢厚治さんに来て頂いております。どうも~。
北:どうも~。お世話になってます。
DJ:"30years of experience naked talktime"すなわち30男丸裸と題してですね
今年30歳になられたお二人にですね。
岩:はい。
DJ:色んな質問をしておりますけれども。20問終わりました!
北:ほおぉ~。
DJ:結構きましたね~。
北:20問消化しました?
DJ:20問消化しました。
岩:ドキドキしますね、これ。
DJ:何がでるかわからない。
岩:はい(笑)
DJ:続いてはですね、5問パートに行きたいと思いますけども
心の準備はよろしいですか?
北:大丈夫です!
DJ:それでは行きましょうか。30男丸裸!

21.1番思い出に残っている卒業式は?
北:あのー、僕、姪がいるんですけどね。
えっと今月ですか、姪が卒業しまして、その卒業式に行ってきました。
それが最高に良かったですね。はい。
岩:そっすねー。専門学校の卒業式ですかね。

22.1番好きな季節は?
北:えーと僕は1月生まれなんで正月が好きですね。はい。
岩:僕は秋が好きです。

23.1番最初のアルバム「ゆずの素」を1番最近聴いたのは?
北:えーと、いつだろ…
え~「にほんのうた」っていうのを昨年やったんですけど、それの選曲をする時に聴いた気がします。
岩:そうっすね~。3週間前ぐらいに、iPODに入ってたんで、なんか流れてきてしまいました(笑)

24.葉加瀬太郎さんの第一印象は?
北:第一印象… え~、太陽ですね。
岩:でかっ!(率直でよろしい・笑)

25.1番好きな言葉は?
北:好きな言葉… 1番好きな言葉…
あーと、仁です仁。悠仁の仁。「仁」
岩:え~、なんだろう… 好きな言葉。好きな言葉。好きな言葉…(3回言った・笑)
え~…「風」!
(しばらく経ってから小声で)…風?(自分で言ったのに疑問系)

DJ:さぁ、5問終了致しました~。
北岩:はい。
DJ:今までと流れの違う質問がね、結構きましたけども。
北:結構ねー、多方面からねー。技を持ってますね~(笑)
DJ:今回はちょっと文化的な香りがしましたけども。
岩:文化的な(笑)
北:はい。
DJ:えぇ、1番思い出に残っている卒業式、リーダー悠仁さんは姪っ子さんの卒業式。
北:はい。
DJ:行ってきたと。
北:そうなんですよ。僕と同じ小学校で姪っ子が、卒業式行ったんですけども
も~!何十…十何年ぶりに我が母校の校歌を歌ってきましたね~(笑)
岩:あはははは~(笑)
DJ:あー、校歌を。
北:こーれは嬉しかった~!(笑)これは嬉しい!
岩:意外に3番まであるんだよな。
北:長い。
岩:長いんだよ、アレ。
DJ:3番まで?
北:うん。
岩:ちょっと、はしょって欲しいみたいな。
北:意外とでも覚えてましたね。
岩:ハハハ(笑)
DJ:校歌、意外と覚えてるもんなんですね。僕、小学校なんて全然覚えてないですよ。
北:覚えてないですか?
DJ:あんま覚えてない。やっぱ、その頃からお二人は歌手という…
北:いやいやいや!(笑)
岩:いやいや、そんなことは(笑)
北:でも、うちの姉も一緒に歌ってました(笑)
岩:あははははは!(笑)
DJ:そうなんですか(笑)
北:ちょっと引いてました、PTAの皆さん。失礼致しました(笑)
DJ:そしてサブリーダー岩沢さんは専門学校の卒業式。
岩:僕が生涯最後の卒業式ですね。学生が1番最後に終わった時。
でも、にも関わらず、その後バイトがあったんで、
途中でもう、証書貰って帰ってきましたね(笑)
バイトにそのままスーツで行ったっていう、はい。
それが最後の卒業式でしたね~。
DJ:当時、バイト何してたんですか?
岩:バイト、居酒屋でホールやってました。
はい「いらっしゃいませ~!」って…
北:僕、その時、覚えてますよ。卒業証書持って来たの。
岩:北川君ね、(一緒に)やってたんで。
DJ:「ヤッター」みたいな?
北:いや、テンション低かったですねー。
岩:「おはようございまーす」みたいなね。タイムカード、ガチャン!みたいな(笑)
北:あんなに低い卒業式はないと思いますよ(笑)テンションの。
DJ:そうだったんですね(笑)
岩:はい。
DJ:まぁ卒業シーズンでね、先週今週と結構「卒業しました~」
なんてメッセージも来たリしておりますけども。
それから最初のアルバム「ゆずの素」を1番最近聴いたのは?
リーダーの北川さんは昨年!と。
そして岩沢さんは3週間ぐらい前にiPODに入っていて聴いたと。
やっぱり1番最初のアルバムっていうね、1997年にリリースされておりますけども。
北岩:はい。
DJ:10年前ですよ。
北:はい。やっぱりアレは結構恥ずかしくもありますね。
DJ:あ、そう。
北:やっぱり自分たちで聴くとね~。
ましてライブ収録っていうか、あの、その場で一発録りで録ったものなんで
色々まぁ、勿論アラアラだらけなんですけども(笑)
まぁ、でもやっぱり10年経って聴くと、いいなぁとも思いますし
でも、恥ずかしい気持ちが勝ちますね。
DJ:へぇ~。あの例えば、その10年前、みんなそうだと思うんですけども
10年前の自分が持っていたもの、そして今の自分が持っているものって、
ちょっと違ったりとかすると思うんですけども。
北:はい。
DJ:音楽的アプローチはどうですか?お二人は。変わりました?
岩:うーん。いや、やっぱ、どっか、ねぇ…その丁寧になったっていうか(笑)
やっぱその、ここは今までは味として成立してたものが、
もうこれは味じゃなくて、ただのアラだよっていう所が増えてきましたよね(笑)だから。
そういう意味では10年やって来てって事ですね。
DJ:でも初めのアルバムは恥ずかしいって気持ちは、僕らも生放送やってますけども
結構、録ってるんですよ、後から自分の喋りがどうだったのか復習する為に。
これをですね、たまにディレクターとかが持ってる時がありまして
ちょっとエラそうな事を言うと聞かされるんですよ、1番最初のオンエアとか(笑)
岩:アハハハハッ(笑)
北:それはまたドSディレクターですねぇ(笑)すんごい!
DJ:もうほんとファイヤー!ってなりましたよ顔が(笑)
北:ホントですか~。
岩:恥ずかしいですよね~。
北:それはまた恐ろしいですねぇ。恐ろしい事されますね~(笑)
そうですか~、はい。
DJ:まぁ勿論、ちょっと違うとは思うんですが、そんな気持ちもちょっとわかるな(笑)
それから、「春風」葉加瀬太郎さんと一緒にされてますけども
第一印象が北川さんは太陽。
初めて会った時、どんな感じで接しられたんですか?
北:僕は一足先にコンサートを観に行ったんで
そのステージ上の葉加瀬太郎さんていう方に1番最初に会ったんですよね。
そのなんかやってる姿とか出してる音とかが、ホントにこう、
ホントにお客さんを楽しませようとして与えている太陽みたいな感じがしたんで
「わ、太陽みたいな人だなぁ」っていうのを1番最初に思ったのを覚えてますね。はい。
DJ:で、サブリーダーの岩沢さんは、もうデカッ!っていうのはこれ、近距離ですよね。
岩:もうそうですね(笑)レコーディングスタジオで僕は初めてお会いして
「ども~、ども~」(葉加瀬さんのモノマネ?ちょっと鼻声っぽい・笑)みたいな感じでホントに(笑)
気さくな感じで。で、握手したりとかして。
葉加瀬さんの容姿は勿論存じておりましたけども「あ、こんなにデカイんだ」っていう(笑)
意外とデカかった!みたいな(笑)印象がありますね。
北:確かにねぇ(笑)大きいですよね。
DJ:へぇ~。話してても面白いですよねぇ。テレビとかで喋りとか観てるとねぇ。
北:いや~、よくお話してくれて、すごい楽しいですよ、現場は。
DJ:そうなんですか~。
で、今回「春風」について、皆さんから沢山メッセージも頂いてるんですが
あの「春風」は路上時代に作られた曲ということで、その頃を知らないんですが…
という方からも。99年から、この方はファンになられたと。
今、10年前、二十歳の頃と比べて、変わった所。変わっていない所はありますか?なんてね、
メッセージも頂いておりますけども。
だから10年という月日もあるんですかね。春風を今リリースするっていうのは。
岩:うーん、なんか、そうっすね。今なら出せるんじゃないか。
で、今なら昔のテイクを超えられるんじゃないかっていう意気込みもありましたから。
はい、そうですね。10年っていう、良いタイミングもまた重なって、
うん、それで出せたと思いますね。はい。
DJ:ふたりは横浜の方の伊勢崎町という所で
北:はい。
DJ:ストリートライブをやっていて。
岩:はい。
DJ:で、始めは岩沢さんでしたっけ、最初にやってて。
岩:はい。
DJ:それで北川さんが誘った。
北:そうです。僕が岩沢を誘って部屋に呼んで、お酒を少し飲ませて告白しました。
DJ:告白(笑)
北:はい。
DJ:なんかいいですよね~、なんかそんな話が二人でできるっていうのはね。
北:そうっすね~。それがね~。それもね、3月だったんですよ。
DJ:あ、そうなの。
北:結構だから僕らの節目の時って3月っていうのが多くて
あの1番最初に岩沢に声をかけたのも3月で、今の僕らの、拾って頂いたというか
見出してくれた社長と出会ったのも3月で、はい。
その3月っていう大切な月に春風を出したんで思い入れもありますね、やっぱり。はい。
DJ:この曲を作られたのは岩沢さんですけども。
岩:はい。
DJ:これは実際にはいつ作られたんですか?デビュー前ですよね?
岩:そうですね~。路上ライブをやっていた頃なんで、
そうですね1996年7年ぐらいですかねぇ。
北:すっごい曖昧なんですよ、曲が。
でも、そのぐらいの時期ってね、ふたりでライブの為の曲を、
もう我武者羅に書きまくっていた時期だったんですよね。うん。
DJ:最後は人がもう伊勢崎町の方に何人?
岩:7000人と言われてますけどね。ホントに数えた人いないんで(笑)
北:日本野鳥の会が数えた訳でもないですからね~(笑)
岩:わかんないですけど(笑)
北:ザッと見て7000人ぐらいっていう(笑)
岩:ぐらいってね。はい。
DJ:この広がっていっているような感じっていうのは、ふたりが1番肌で感じると思うんですけども
すごかったんじゃないですか?
岩:もうね~、音響というか、そこの要は商店街はホコ天ていうか車は入らないんですよ。
なんで、その音響的にはとても良くて。その建物と建物の間なんですけども。
なんですけど、その人が増えていくと、人が音を吸っていくのがわかるんですよ。
全然!響かなくなるんです。今まで、撥ね返りでなんとなくエコーがあったりしたのが
わかったんですけど、これが人が増えることで、要はその僕らが向いてる方向とか
ギターの穴が開いている方向にしか音が直線的にしか行かないみたいなことが。
北:ありましたね~。
DJ:へぇ~!
岩:だから首振りながら歌うしかないんですよ(笑)
DJ:ハハハハハ!(笑)
北:そうですよ~。
岩:ましてやノンPAだったんで、それはね苦労しましたね。
吸われてっちゃう感じが。
DJ:そうですか。
じゃあ、その時の気持ちと共に聞ける気がしますね~。
北:はい。
DJ:たくさんリクエスト頂いております。
北:ありがとうございます。すみません。
DJ:ものっすごい数です。
北:すいません。
岩:ありがとうございます~。
DJ:それでは3月7日にリリースになりました、ゆず「春風」

~春風~


岩沢さんの好きな言葉は「風」か~。
確かに「風」の出てくる曲は多いけどねw
1番思い出深い卒業式っていうのもリーダーは自分のじゃないし
サブリーダーもテンション低くバイトに直行で、
ホントに思い出深かったのか?(笑)

続きは今度こそゴールデンウィーク中です♪
  1. ゆずレポもどき
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<冷やし中華始めました | top | 形状記憶>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzubaka.blog88.fc2.com/tb.php/74-3790d581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。