かめのえんそく




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
イノセント・ラヴ5話&6話感想 :: 2008/11/30(Sun)

近日中と言いつつ、またもギリギリになっちゃいましたが、5話&6話の感想です。
いつも通り、好き放題にツッコミ入れてるので、そういうのが嫌な方はスルーの方向でお願いします。
(本人的には愛あるツッコミのつもりなんですよ、一応)

前に一緒にゆずライブに行ったコブクロファンのK先生が、
普通にイノラヴを観ていると知って衝撃を受けたじゅんこでした。
「ホンマにマウンテンやったなぁ」と言ってましたよ(笑)
(私が見逃した「いいとも」も観てたらしい)
そ、そうか。特に誰かのファンじゃなくても観てる人もいるんだw


<第5話>
超人兄ちゃん大活躍!?の巻。
東京(?)で記者を襲ったかと思えば、あっという間に長野の心療内科へ。
兄ちゃん、相変わらず仕事が速い!
それにしても兄ちゃんはどうやって病院の鍵を開けたのか。
窓を割ったとか、そんな手荒な事もしてなさそうだったけど。
(記者が電話するまで医師もカルテが無くなったの気付いてなさそうだったし)
ものすごい泥棒の技術を持ってるか、
もしかすると手をかざすだけで鍵を開けられる超能力者だったりして(笑)

ハンマーで殴られたのに、ちゃっかり生きてた池田さんもすごいよねー。
「匿ってくれるか?」であっさり「いいよ」の兄の同僚君も笑える。
兄ちゃん、自分が一面に載ってる新聞を買ったのですか?
(もしくはゴミ箱とか電車の中で拾ったか)

佳音ちゃん「兄は理由もなく暴力を振るうような人じゃないんです!」って庇ってたけど
例え理由があってもハンマーはダメだよw

気になる殉也君と佳音ちゃんの距離は少しずつ縮まってきた様子。
「僕は離れないよ」って、そりゃ、そんな事言われたら、ますます惚れるよね~。

殉也は周りのみんなから愛されてるけど理解はされてないから
(寧ろ、昴も美月も聖花の死を願ってる;)
そういう意味では孤独なんだろうと思う。
前回、佳音に「貴方の為に祈ります」と言って貰えたのは嬉しかったんだろうな。

過去の記憶を取り戻す為の治療を受ける佳音ちゃん。
治療って催眠術なん?
記憶が事件の1年前の12歳まで戻ってるのが気になる所。
(佳音たん、12歳になってもサンタさんを信じてたのね)
その頃から父親(?)の性的虐待のようなものがあったんでしょうか。

その後、横浜に戻ってきた佳音ちゃんピアノバーを無断欠勤。
動揺してたのはわかるけど連絡ぐらい入れましょう。
これ、社会人の常識だよっ。
心配した殉也さんも、ついに佳音の部屋に不法侵入(笑)
いくら鍵が開いてても、お年頃の娘さんの部屋に勝手に入っちゃマズイでしょ。
イノラヴ界では、アレは犯罪にはならないんでしょうか。
そして音もなく背後に忍び寄る兄ちゃん、怖い;
アナタ、靴履いたままですからっ!
(それにしても佳音のアパート、刑事とか張ってないのか?)

「そうだよ、佳音。俺が父さんと母さんをやった」
あっさり自供しちゃいましたが、これって絶対裏がありそうですよね。
「よく思い出したな」で笑ってたけど、
佳音が肝心な部分は思い出していないとわかって安心の笑みだったんだろうか。
「これ以上、何も思い出すな」って、それはやっぱり佳音を守る為だと思うので。
佳音ちゃん、記憶を無くしてるけど犯人説濃厚?
でも13歳の女の子に大人を2人も殺すのは無理っぽい?
主人公が殺人犯っていうのも、ちょっとねー。
(でも兄は佳音を犯人だと思い込んで、それを庇ってるとか)
兄ちゃん、クロスを見つめる切ない表情なんかを見ると、
怖いけど、何だか可哀想にも思えてくるのだった。
警察に自首したのも佳音の為の自己犠牲なんだろうなぁ。

そして、最後に大事件発生。
き、きよかが泣いた!心拍数下がった!目ぇ閉じた!
(目を開けっ放しなのが怖いと思ってたけど、あれが生きてる証だったのかw)
殉ちゃん、のん気に佳音と見詰め合ってる場合じゃないよー!!


<第6話>
聖花の急変に動揺した殉也さん憔悴。
ここで頑張る佳音ちゃん。
やっと、普通のヒロインちっくになってきたよー。
私個人的には、やつれて捨てられた子犬っぽい目の殉ちゃんが今までの中で一番ツボでした。
初めて殉也にキュンとした(笑)

回想シーンで初めて出てきた動く聖花。
昴に対して「殉也の愛情が重いの。私にはこんなに愛される価値はない…」
その後、昴の肩に手を回して「わかってるでしょ」

こ、これは殉也→聖花→昴→殉也の誰も報われない三角関係!?
殉ちゃん、みんなからあんなに愛されてるのに
自分が誰よりも愛してる人からは愛されてないとなると痛いなぁ…
それにしても佳音が病室で鳴らしてたオルゴール、
あんなに廊下まで鳴り響いてたら他の患者さんにも迷惑なんじゃw
そして、回復したと同時にぱっちり目を開ける聖花。
ご、ごめん、感動のシーンのハズなのに吹いちゃって。
それにしても、聖花は夜中でも目を開いてるのね…

殉也と佳音は、一緒にピアノの練習をしたり、聖花の介護を通して、なかなか良い雰囲気に。
しかし、殉也は最初にあれだけストーカーされてたにも関わらず、
未だ佳音の気持ちには気付いてないんだよね?
(7年来の昴も幼馴染の美月もだし)
アンタ、鈍すぎるにも程がある…
缶コーヒーのプルトップを空けて渡すシーンなんか見事に天然タラシだけど、
これで、みんな殉也の優しさにやられて恋をするんだな。
(でも本人には特別な事をした自覚もなく、誰に対しても天然のジェントルマンなだけ)
全然関係ないけど「BOSS」って番組のスポンサーに入ってたんだっけ。
あの時間のCM、いつも「ラ!」と「脱臭炭」の祭り(笑)が異様に印象に残ってるんですけど。

少年院に戻った兄ちゃんはすっかり影が薄くなりましたが
「俺の事は忘れろよ。もういないものだと思ってくれ」
「俺が今望むのは、お前が幸せになってくれる事だけなんだ」っていうのが、また切ない。
あの少年院の刑務官は良い人っぽかったね。
佳音→殉也よりも、兄→佳音、昴→殉也とかの方が
「イノセント・ラヴ」に感じられるのは私だけ?

佳音の帰りの遅さに不安を覚える殉也。
「僕はもう君がいないとダメなんだな」の台詞、予告で見た時には
オマエ、山下清か!!と即行ツッコミ入れましたけど(笑)
殉也の佳音に対する気持ちっていうのも、何だかなぁ。
今の段階では聖花に対する愛とは違う、
孤独を分かち合う同志のような家族のような愛情なんだろうと思うけど
あの不用意な優しさは却って相手を傷つけるよ。

で、最後の最後に、またまた聖花がやってくれました。
きっ、きよかが起きたっ!!
次回のサブタイトルが「動きだす」らしいんですが、それってばやっぱり
聖花が動きだすんだよね(笑)
いやー、またまた衝撃の展開が待ってそうで楽しみですねっ。

そういや今回は昴&美月、全く存在感なし。
昴の方は、聖花の動きに伴って、まだ出番がありそうだけど
美月のイジメはどうなったの?
私の当初のイメージでは、美月さんイライザ並(古っ)のいじめっこキャラだと思ってたんですが。
今後は寧ろ、美月よりも聖花の方が佳音いじめそうw
  1. ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<< | top | 頂き物の>>


comment

>その頃から父親(?)の性的虐待・・・・
お兄ちゃんがそれに気付いて家に閉じこもって見張ってたのかな?って思ったり・・・
お母さんも刺されているのが不思議でしょ・・・
母親が父親のそれに気が付き殺し合いになった・・・
そして佳音ちゃんが殺したと思い込んだ兄ちゃんが佳音を庇った・・・
そうあって欲しいはまちゃんでしたっ!!

そして私もBOSSに・・・(笑)
提供か?とも思ったけどさ・・・
そこで缶コーヒー???それもBOSS!!
トミーリージョーンズ?の黒部の太陽チックなCMが思い出されたよ!!

いうてるうちに今日ですよ!!
またすごい事になっているようですね!
楽しみにしてましょ!!
  1. 2008/12/01(Mon) 08:39:58 |
  2. URL |
  3. はま #3fIBvpkA
  4. [ 編集 ]

じゅんこさんナイスツッコミ!
私も大体同じこと考えてます~。
ただ、父親からの性的虐待はちょっと さぶすぎるぅ。
昼ドラじゃなく月9なんですからっ!
事件の起きた時は 誰も佳音ちゃんに事件のこと聞いてないのかしらねぇ?カウンセリングうけてたら その結果は誰が聞いてたのかな?お医者様も警察には何も報告してないんだよね!?

不思議なところが数えきれないほどありますがっ!
今日のイノラヴも楽しみです。
じゅんこさんのツッコミも楽しみにしてます~!
  1. 2008/12/01(Mon) 12:44:33 |
  2. URL |
  3. ちい #-
  4. [ 編集 ]

>かーさん
私も父を殺したのは母じゃないかなぁという気がしています。
父親の虐待にも気付いてたみたいだし。
母が死んだのは刺し違えか自殺か、その辺りはわかんないけど。
できれば、今生きてる人達が殺人犯じゃないと良いですよね。

BOSS、かーさんも反応しちゃいました?w
私、あのプロジェクトXみたいなCM好きだったなぁ(笑)

で、昨日の展開、またまたすごかったですね!
聖花がすごすぎて、ヒロイン佳音ちゃんの存在感が薄かった(笑)

>ちいさん
ホント、なんでこの内容を月9でしようと思ったの?って感じですよね~w
ファミリーで観るには、ちょっとしんどいような…
佳音は、事件当時の事はショックが大きすぎて、聴けるような状態じゃなかったのかな?

ツッコミどころ満載過ぎて、もはや、それが楽しみですらあります(笑)
また7話分も近いうちにアップしますね。
  1. 2008/12/02(Tue) 21:49:24 |
  2. URL |
  3. じゅんこ #dJw77bqw
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuzubaka.blog88.fc2.com/tb.php/814-ba882d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。